マグネットシートの種類について(異方性)

2013-11-08
マグネットシートの種類について(異方性)


以前にもご説明いたしましたが、
マグネットシートの種類、取扱い商品について
再度ご説明いたします。

弊社ではマグネットシートを数多く取り扱っています。
順に説明いたします。

本日は異方性マグネットシートについて

page_top_magnetseat

・異方性マグネットとは
異方性(いほうせい)マグネットとは、異方性フェライト粉末を成型させた
マグネットシートです。
異方性粒子は六平結晶の板状形をしており、磁化容易軸の方向だけに磁化される性質をもっており磁化方向を一定に配列したマグネットです。

・特徴
等方性よりも吸着力が強くなります。
(等方性に比べ吸着力は1.5~2.0倍
一般的に強力マグネットシートと呼ばれているのはこのタイプです。
等方性同様、柔軟性に優れているため取扱いが簡単で、裁断や抜き加工が容易です。

・用途
異方性の特徴である強磁力を利用し、加工することで、教材、文具、おもちゃ、広告、
表示パネル、看板など、幅広くお使いいただけます。
「薄く使用したい」、「狭い所に小さく使用したい」、などに最適です。

弊社では切断、テープ貼りなど、ご希望に応じた加工をいたします。
またカット売りだけでなく原寸ロール売りも行なっています。

見積り依頼は、電話、ファックス、メールのいずれでも可能です。
お気軽にお問合せください。

メールでお問い合わせ
ファックスでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
9:30~17:30 土日祝日休み

メールでお問い合わせ
ファックスでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
9:30~17:30 土日祝日休み