印刷の種類について(シルクスクリーン印刷)

2013-03-14

page_top_novelty



シルクスクリーン印刷(シルク印刷)

シルクスクリーン印刷(シルク印刷)とは、版材に絹(シルク)の
布を使った印刷方法になります。

布の網目を利用して版の穴からインキを通して転写する印刷方式です。
絹目の間からインクをヘラで擦ることで適量押し出し、
元版の空隙から印刷物にインクを乗せます。

現在では、絹布ではなくインクの通りが良いように開発された
化学繊維の糸で織られた布を使う場合が多いようです。

プリントごっこなどは家庭用の簡易的なシルクスクリーン印刷になります。


特徴
・インクを厚く盛り上げること出来る。
・オフセット印刷では難しい凹凸のあるプラスチック容器や金属などに対しても印刷が可能。
・耐水性、耐候性も優れている。



注意点
・色の数だけ版が必要になります。
  例 3色印刷の場合3版
  そのため、色数が増えると割高になります。
・グラデーションは不可になります。
・色の指定はDICの番手や色チップの見本をご提示ください。



デザイン、サイズ、色数、数量、使用状況により適した印刷方法があります。
適した印刷方法でご案内いたします。
ご相談下さい。

見積り依頼は、電話、ファックス、メールのいずれでも可能です。
お気軽にお問合せください。

メールでお問い合わせ
ファックスでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
9:30~17:30 土日祝日休み

メールでお問い合わせ
ファックスでお問い合わせ
電話でお問い合わせ
9:30~17:30 土日祝日休み